桃の追熟方法&傷んだ桃のレシピ紹介!超簡単なので一度お試し下さい

桃の追熟方法

1,2日ほど常温に置いておくことで柔らかい桃になります。すでに柔らかめの桃である場合は、それ以上置くと傷んでしまう恐れもありますので新聞紙などでそっと包んで、日陰や冷暗所で風通しのよい、涼しいところで保管することをおすすめします。

注意しなければならないのは、エアコンや扇風機に当ててしまうと桃の水分が奪われて乾燥してしまう恐れがあるので、なるべく自然に保管できるとよいです。

桃の保存方法

桃の保存方法については基本的には常温で保存することをおすすめします。ただし、固い桃と柔らかい桃の好みに合わせて保存方法にも多少違いがありますので、好みの具合に調整することもできます。

品種によって差はありますが、固い桃を柔らかい桃にしたい場合、1,2日ほど常温に置いておくことで柔らかい桃になります。

すでに柔らかめの桃である場合は、それ以上置くと傷んでしまう恐れもありますので新聞紙などでそっと包んで、日陰や冷暗所で風通しのよい、涼しいところで保管することをおすすめします。

注意しなければならないのは、エアコンや扇風機に当ててしまうと桃の水分が奪われて乾燥してしまう恐れがあるので、なるべく自然に保管できるとよいです。また、冷蔵庫で冷やしてしまうと甘みが半減してしまうのでおすすめできません

桃の保存方法(夏場)

新聞紙などでそっと包んで、日陰や冷暗所で風通しのよい、涼しいところで保管すること

注意しなければならないのは、エアコンや扇風機に当ててしまうと桃の水分が奪われて乾燥してしまう恐れがあるので、なるべく自然に保管できるとよいです。また、冷蔵庫で冷やしてしまうと甘みが半減してしまうのでおすすめできません

桃の追熟(冷蔵庫)

きちんとラップで包むか、少し空気を含ませたビニール袋に入れて保存して食べる2時間前に常温で温度を戻してからお召し上がり頂けるとよいです。

傷んだ桃のレシピを2つご紹介

☑ 傷んだ桃のレシピ①

桃のシャーベット

傷んだ桃でもOK! 傷んだ部分をバッサリ捨てて作ります。

材料

桃 好きなだけ

砂糖 桃の約10%

✅ 作り方

1:桃は優しく擦りながら産毛を落とす。

2:桃の筋にそって二つに割る。種はスプーンでくりぬく。

3:櫛形に切り分け、皮を剥く。《乱切りでもいいよ》

4:厚手の鍋に桃と、砂糖を入れて火にかける。《水は入れません》

5:絶えずかき混ぜながら、沸騰してから約10分煮詰める。《ジャムのように潰さない》

6:冷めたら冷凍できる保存容器に、移します。《1回分づつ》

7:冷凍した物をなめらかになるまで、ブレンダーにかけます。

8:ブレンダーでなくても、ミキサーでも大丈夫です。早めに出して少しやわらかい状態の方が、クリーミーになりやすいです。

✅ コツ・ポイント

冷凍するときは、使いきりできる分量に小分けします。取り合えずタッパーなどで凍らせて、凍らせた物は保存袋に入れ替えておくと、スペースが少なくすみます。

☑ 傷んだ桃のレシピ②

白桃のなめらかソルベ

材料 (4~5人分)

白桃 1個(約280g)

◎水 50ml

◎砂糖 50~60g

レモン汁 小さじ1/2

粉ゼラチン 5g

水 大さじ3

✅ 作り方

1:小鍋に◎印の材料を入れて中火にかけ、砂糖を煮溶かして粗熱を取っておく。

2:小さな器に水を入れて、粉ゼラチンを加えて混ぜ、ふやかしておく。

3:桃の皮と種を取り除く。

ミキサーに桃の果肉、①のシロップ、レモン汁を入れ、滑らかになるまで攪拌してボウルに移す。

4:②をレンジで数秒加熱して溶かし③に加えて混ぜる。

ボウルの底を氷水に当て、液を触って冷たいと感じる程度まで混ぜて冷やす。

5:イスクリームメーカーに④を注ぎ入れ、20分ほど攪拌する。

密閉容器に移し入れ、冷凍庫で冷やし固める。

6:できあがり

ねっとり、なめらかな口当たりです。

シャーベットとは違ったかんかくでこれもおすすめです♪